The Little Potato Co.

「ウィスコンシン州は優れた生産者と肥沃な土壌で広く知られています。 私たちがデフォレスト(DeForest)を選んだのは、主要市場が近いだけではありません。私たちにとって長年にわたって重要である価値━すなわち、家族、コミュニティ、人に役立つこと、そして、常に地に足をつけること━これらの価値を共有していると認識しているからこそです。-- The Little Potato Company 共同創業者兼社長Angela Santiago

The Little Potato Companyの独自の製品ラインであるCreamer(クリーマー)は、カラフルで風味豊かで栄養たっぷりです。この製品ラインには、Baby Boomer(ベービーブーマー)やBlushing Bell (ブラッシング・ベル)などが含まれ、これらは、米国とカナダ全域の食料品店や小売店の青果コーナーでお買い求めいただけます。ユニークな1.5ポンドのガゼットから5ポンドのバックまで個性的なパッケージングでお目に留まることでしょう。さらに、同社はグルテンフリーの調味料を用いて、電子レンジやオーブン/グリルで加熱するだけで調理できる製品も様々なフレーバーで販売しています。現在20周年を迎えているLittle Potato は、こうした市場全般の消費者ニーズに対応すべく、米国およびカナダ全土の流通センターと生産者網の維持に努めています。

ウィスコンシン州の歴史

このたびLittle Potato は、米国初の加工・洗浄・梱包および保管施設をウィスコンシン州のデフォレスト(DeForest)に構えることを決定しました。同社の本社はカナダのアルバータ州に所在しますので、このウィスコンシン州の施設が、米国本社としての機能も果たすことになります。デフォレスト(DeForest)の一帯は、ウィスコンシン州経済開発公社(WEDC)のCertified In Wisconsin Program(ウィスコンシン州内認証プログラム)を通じて開発着手可能であるという認証を事前に受けています。国道51号沿いに立地する、新施設は、今年初めに操業を開始し、約50 人の従業員を抱えていますが、完全操業の時期には従業員数が129 人にまで増えると見込まれています。

理想の立地

Little Potato は、総面積130,000 平方フィートの新施設をはじめ、設備やその他のイニシアチブに2,000万ドル以上の投資を行いましたが、そのうち1,170万ドル相当がウィスコンシン州経済開発公社(WEDC)の実績に基づく税額控除対象となっています。さらに、デフォレスト(DeForest)の村落は補助金支給の土地、インフラ、その他のイニシアチブにおいて同プロジェクトを支援してきました。

親しみのこもった歓迎

「米国本社をデフォレスト(DeForest)に配置することで、The Little Potato Companyは、ウィスコン州の確固たる農業の歴史、そして、高度な食品加工におけるグローバル・リーダーシップを活用するとともに、卓越した教育リソースと比類ないサプライチェーンを選定することになります」と、WEDC 長官兼CEO のMark Hogan 氏は言います。「The Little Potato Company の本社がウィスコンシン州に誘致されたことは、とりわけ、デーン郡(Dane County)や周辺地域に創出される魅力的な雇用の増加と多様化の双方の面で喜ばしいことです」。


続きを読む

FujiFilm

「Cellular Dynamics Inc.(セルラー・ダイナミクス社)を富士フイルムにお迎えし、両社の技術とノウハウを融合させることで、私たちは創薬と再生医療の分野におけるシナジーと効率性を探求してゆきます。」

東京に本社を置く富士フイルムは、ウィスコンシン州を基盤とする2つの企業であるCellular Dynamics(セルラー・ダイナミクス社)とTeraMedica(テラメディカ社)を2015年に買収した。富士フイルムは、幅広い分野で革新的な製品と効率的なソリューションを提供するグローバル企業である。社会と生活の質に貢献し、環境の持続可能性の改善に努めている。同社における事業の大きな柱はイメージングソリューション、ドキュメントソリューション、インフォメーションソリューションの3つである。

つのウィスコンシン州法人の社歴

ウィスコンシン州マディソンで2004年に設立されたCellular Dynamics International(セルラー・ダイナミクス・インターナショナル社:CDI)は完全機能型のヒト細胞の開発・製造に従事している。CDI の従業員数は150人。富士フイルムは、2015年3月に同社を3億7百万ドルで買収した。 米国ウィスコンシン州ウォーワトサで2001年に設立されたTeraMedica(テラメディカ)社は診断画像ツール用のソフトウェアを開発している。従業員数は40人であり、米国内で200以上の病院、そして国外では300以上の病院が同社のソフトウェアを利用している。富士フイルムは2013年に同社との間に米国販売パートナーシップを締結した。2015年5月には同社の買収に伴い、このパートナーシップが恒久的なものになった。価格データは未公表となっている。

理想的なロケーション

「Cellular Dynamics Inc.(セルラー・ダイナミクス社)を富士フイルムにお迎えし、両社の技術とノウハウを融合させることで、私たちは創薬と再生医療の分野におけるシナジーと効率性を探求してゆきます。」と、富士フイルムCEO の古森重隆氏は述べている。

暖かい歓迎

2015年に事業開発ミッションの一環として訪日したウィスコンシン経済開発公社(Wisconsin Economic Development Corporation :WEDC)の代表団は、富士フイルムの役員と会合を開き、買収について議論を交わした。WEDC の目標は、様々な企業と地元の資源を結び付けるお手伝いをし、買収企業、ウィスコンシン州市民およびその経済が相互に恩恵を受けられるようにすることである。

つのウィスコンシン州法人の社歴

ウィスコンシン州マディソンで2004年に設立されたCellular Dynamics International(セルラー・ダイナミクス・インターナショナル社:CDI)は完全機能型のヒト細胞の開発・製造に従事している。CDI の従業員数は150人。富士フイルムは、2015年3月に同社を3億7百万ドルで買収した。 米国ウィスコンシン州ウォーワトサで2001年に設立されたTeraMedica(テラメディカ)社は診断画像ツール用のソフトウェアを開発している。従業員数は40人であり、米国内で200以上の病院、そして国外では300以上の病院が同社のソフトウェアを利用している。富士フイルムは2013年に同社との間に米国販売パートナーシップを締結した。2015年5月には同社の買収に伴い、このパートナーシップが恒久的なものになった。価格データは未公表となっている。

理想的なロケーション

「Cellular Dynamics Inc.(セルラー・ダイナミクス社)を富士フイルムにお迎えし、両社の技術とノウハウを融合させることで、私たちは創薬と再生医療の分野におけるシナジーと効率性を探求してゆきます。」と、富士フイルムCEO の古森重隆氏は述べている。

暖かい歓迎

2015年に事業開発ミッションの一環として訪日したウィスコンシン経済開発公社(Wisconsin Economic Development Corporation :WEDC)の代表団は、富士フイルムの役員と会合を開き、買収について議論を交わした。WEDC の目標は、様々な企業と地元の資源を結び付けるお手伝いをし、買収企業、ウィスコンシン州市民およびその経済が相互に恩恵を受けられるようにすることである。


続きを読む

スマート・ウォーターズ(Smart Waters)

抜粋:「ここウィスコンシンに、支店を設立することにしました。」

バンクーバーを拠点とするスマート・ウォーターズ(Smart Waters)は、建設業や地方自治体のための貯水システムをデザインし、供給しています。このシステムでは、大量の雨水を地下の貯水槽で蓄え、町の雨水排水システムの氾濫を防ぎます。さらに、蓄えた水は灌漑や消防、紙やパルプの製造にも利用することができます。

ウィスコンシン州での歴史

ウィスコンシン州ミルウォーキーに本拠地を置くウォーター・カウンシルからの招待を受け、2015年にそのBREW(ビジネス・リサーチ・アントレプレナーシップ・ウィスコンシン)アクセラレーターへの申請を提出しました。この技術を米市場に広める良い機会であると考え、アクセラレーター・プログラムへの参加を決めたと、CEOのジェイミー・ゴーディー氏は語ります。その年、スマート・ウォーターズ(はBREWへの参加が決まり、技術向上のために最新鋭の研究施設および機材、有名な研究指導者やグローバル・ウォーター・センターのオフィススペースへのアクセス権を取得しました。自社製品をプログラム終了時までに商品化するという目標が、参加企業の成長を促します。 「ウォーター・カウンシルは、プログラムに参加している企業とパートナーや投資家とを結びつけるため、懸命に努力している」と、ゴーディー氏は述べています。

理想的な場所

CEOジェイミー・ゴーディー氏は、BREW参加のためミルウォーキーに初めて来た頃はまだ、この都市についてあまり良く知らなかったと述べています。しかしその後、スマート・ウォーターズ(はウィスコンシン州でも有力な水技術に携わる企業や研究の中で成長しました。「水の新技術が豊富にあったおかげで、ここウィスコンシンに支店を設立することにしました」とゴーディー氏は述べています。この新しい運営拠点には、およそ5~10人ほどを雇用する予定であると、彼は語っています。

暖かな歓迎

BREWに参加したことにより、スマート・ウォーターズ(Smart Waters)は5万ドルの資金提供を受けることができ、グローバル・ウォーター・センタ―のオフィススペースを、1年間無料で利用することができています。また、世界最大の水技術の展示会であるWEFTEC 2016へも参加し、BREWタンクというイベントでスマート・ウォーターズ(Smart Waters)の技術を何千ものWEFTEC参加者に紹介することができました。

ウィスコンシン州での歴史

ウィスコンシン州ミルウォーキーに本拠地を置くウォーター・カウンシルからの招待を受け、2015年にそのBREW(ビジネス・リサーチ・アントレプレナーシップ・ウィスコンシン)アクセラレーターへの申請を提出しました。この技術を米市場に広める良い機会であると考え、アクセラレーター・プログラムへの参加を決めたと、CEOのジェイミー・ゴーディー氏は語ります。その年、スマート・ウォーターズ(はBREWへの参加が決まり、技術向上のために最新鋭の研究施設および機材、有名な研究指導者やグローバル・ウォーター・センターのオフィススペースへのアクセス権を取得しました。自社製品をプログラム終了時までに商品化するという目標が、参加企業の成長を促します。 「ウォーター・カウンシルは、プログラムに参加している企業とパートナーや投資家とを結びつけるため、懸命に努力している」と、ゴーディー氏は述べています。

理想的な場所

CEOジェイミー・ゴーディー氏は、BREW参加のためミルウォーキーに初めて来た頃はまだ、この都市についてあまり良く知らなかったと述べています。しかしその後、スマート・ウォーターズ(はウィスコンシン州でも有力な水技術に携わる企業や研究の中で成長しました。「水の新技術が豊富にあったおかげで、ここウィスコンシンに支店を設立することにしました」とゴーディー氏は述べています。この新しい運営拠点には、およそ5~10人ほどを雇用する予定であると、彼は語っています。

暖かな歓迎

BREWに参加したことにより、スマート・ウォーターズ(Smart Waters)は5万ドルの資金提供を受けることができ、グローバル・ウォーター・センタ―のオフィススペースを、1年間無料で利用することができています。また、世界最大の水技術の展示会であるWEFTEC 2016へも参加し、BREWタンクというイベントでスマート・ウォーターズ(Smart Waters)の技術を何千ものWEFTEC参加者に紹介することができました。


続きを読む

キッコーマン・フーズ

「ウィスコンシンの皆様や州ならびに自治体の役人の皆様とのパートナーシップは、当社が成功を維持できている大きな要因の1つです。今後も末永く、ここウィスコンシンで、優れた雇用を行い、最高級の製品を作っていきたいです」

日本に本社を置くキッコーマンの歴史は、300年以上溯ります。同社は代表的製品である醤油の製造において、その歴史の中で作り上げた厳格な基準を守り続けています。創業当初は日本食や中華料理に欠かせない食材を扱い、また皇室の御用達醤油メーカーでもありました。今ではキッコーマンの醤油は世界の料理に不可欠なフレーバーになっています。今やキッコーマン醤油は世界10か所の工場で生産され、北米での生産本部はウィスコンシン州ウォルワースにあります。同社の5,500人の従業員のうち175人がその本部で働き、歴史と名声を誇る調味料を生産しています。キッコーマンのウィスコンシン工場では、世界のどの工場よりも多くの天然醸造醤油を生産しています。

ウィスコンシンでの沿革

キッコーマンが北米本部にウィスコンシンを選んだのは、1972年のこと。効率よく流通ができる、北米中央部の立地を探していました。また当州の気候も、醤油の2大原料である大豆と小麦の生産に最適です。同社が求めたもう1つの立地条件として、勤勉で誠実な労働力がありました。この点では、ウィスコンシンは良く知られています。キッコーマンがウィスコンシンで業務を始めて40年以上になりますが、その間に同工場の生産量は20倍に増大しました。 「当社の設立者たちがウィスコンシンに立地を決めたのは、実に優れた見識でした」そう語るのは、同社の経営担当バイスプレジデントDan Millerです。「ウィスコンシンは生活の質が高く、長くいるほどビジネスのしやすい環境で、そうした立地は全米でも他に見当たりません。他の土地では、キッコーマン・フーズはこれほどの成功を収められなかったでしょう」

温かい歓迎

ウィスコンシン州とキッコーマンは相互に利益をもたらしあう関係で、ビジネスの発展に対しともに取り組む姿勢の良い現れです。サプライヤーやサービスプロバイダー、下請け各社が同社の業務を支えていることを考えると、キッコーマンの当州の経済に及ぼしている影響は大きなものです。「ウィスコンシンの皆様や州ならびに自治体の役人の皆様とのパートナーシップは、当社が成功を維持できている大きな要因の1つです。そう語るのは、Miller氏です。「今後も末永く、ここウィスコンシンで、優れた雇用を行い、最高級の製品を作っていきたいです」

ウィスコンシンでの沿革

キッコーマンが北米本部にウィスコンシンを選んだのは、1972年のこと。効率よく流通ができる、北米中央部の立地を探していました。また当州の気候も、醤油の2大原料である大豆と小麦の生産に最適です。同社が求めたもう1つの立地条件として、勤勉で誠実な労働力がありました。この点では、ウィスコンシンは良く知られています。キッコーマンがウィスコンシンで業務を始めて40年以上になりますが、その間に同工場の生産量は20倍に増大しました。 「当社の設立者たちがウィスコンシンに立地を決めたのは、実に優れた見識でした」そう語るのは、同社の経営担当バイスプレジデントDan Millerです。「ウィスコンシンは生活の質が高く、長くいるほどビジネスのしやすい環境で、そうした立地は全米でも他に見当たりません。他の土地では、キッコーマン・フーズはこれほどの成功を収められなかったでしょう」

温かい歓迎

ウィスコンシン州とキッコーマンは相互に利益をもたらしあう関係で、ビジネスの発展に対しともに取り組む姿勢の良い現れです。サプライヤーやサービスプロバイダー、下請け各社が同社の業務を支えていることを考えると、キッコーマンの当州の経済に及ぼしている影響は大きなものです。「ウィスコンシンの皆様や州ならびに自治体の役人の皆様とのパートナーシップは、当社が成功を維持できている大きな要因の1つです。そう語るのは、Miller氏です。「今後も末永く、ここウィスコンシンで、優れた雇用を行い、最高級の製品を作っていきたいです」


続きを読む

Ingeteam社

「ウィスコンシンでは、あらゆるレベルの優秀な労働力が手に入ります。生産要員からエンジニア、サポートスタッフまで。ウィスコンシンには、当社の求めている労働力が多く集まっています」

Ingeteamは、電気機器やモーター、発電機、周波数変換機の開発、電気工学、発電所に特化しています。 エネルギー消費の最適化と発電効率の最大化を目指しています。同社の業務は基本的に、エネルギー、産業、海洋、鉄道車両牽引の4分野からなります。

1972年の設立でスペインのビルバオに本社を置くIngeteamは、今では20の企業からなるグループで、全世界で3,000人以上を雇用しています。その場所も、スペイン、メキシコ、中国、インド、イタリア、ドイツ、フランス、チェコ共和国、米国、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカと多様です。年間の収益はおよそ4億2,000万ドルです。

ウィスコンシンでの沿革

ミルウォーキーにあるIngeteamの工場は2010年の設立で、そこで同社はソーラー発電インバーターや風力発電機、コンバーターを北米市場向けに製造しています。この工場では、100人を雇用しています。設立から今までの5年間で、従業員数をほぼ3倍に増やしました。「今後もかなりのペースで拡大していくつもりです」と、Ingeteamの米国部門CEOであるAitor Sotesは述べています。

理想的な立地

Ingeteamはウィスコンシンを選ぶ前に、米国での立地条件の良い場所を1年以上探していました。 当州には電気機器や構成部品の製造での長い歴史があり、Ingeteamは米国での業務用に高度に発達したサプライチェーンを利用できました。Sotes氏によればミルウォーキーの用地がIngeteamにアピールしたのは、主要高速道路へのアクセスが良い点、シカゴとそのオヘア空港に近い点です。この空港からは、ヨーロッパへの直行便があります。エネルギー・電力制御はウィスコンシンが得意としている部門で、さらにIngeteamのベンダーの多くも近くにあります。さらにSotes氏によれば、「ウィスコンシンでは、あらゆるレベルの優秀な労働力が手に入ります。生産要員からエンジニア、サポートスタッフまで。ウィスコンシンには、当社の求めている労働力が多く集まっています」

温かい歓迎

Ingeteamは、ミルウォーキー工場の開設を決定した際、450万ドルの州税控除と、州政府からの借り入れ金50万ドルを受けました。さらに同社は、クリーン技術製造の税控除として166万ドルを連邦政府から受け取り、またミルウォーキー市からも補助を受けました。

ウィスコンシンでの沿革

ミルウォーキーにあるIngeteamの工場は2010年の設立で、そこで同社はソーラー発電インバーターや風力発電機、コンバーターを北米市場向けに製造しています。この工場では、100人を雇用しています。設立から今までの5年間で、従業員数をほぼ3倍に増やしました。「今後もかなりのペースで拡大していくつもりです」と、Ingeteamの米国部門CEOであるAitor Sotesは述べています。

理想的な立地

Ingeteamはウィスコンシンを選ぶ前に、米国での立地条件の良い場所を1年以上探していました。 当州には電気機器や構成部品の製造での長い歴史があり、Ingeteamは米国での業務用に高度に発達したサプライチェーンを利用できました。Sotes氏によればミルウォーキーの用地がIngeteamにアピールしたのは、主要高速道路へのアクセスが良い点、シカゴとそのオヘア空港に近い点です。この空港からは、ヨーロッパへの直行便があります。エネルギー・電力制御はウィスコンシンが得意としている部門で、さらにIngeteamのベンダーの多くも近くにあります。さらにSotes氏によれば、「ウィスコンシンでは、あらゆるレベルの優秀な労働力が手に入ります。生産要員からエンジニア、サポートスタッフまで。ウィスコンシンには、当社の求めている労働力が多く集まっています」

温かい歓迎

Ingeteamは、ミルウォーキー工場の開設を決定した際、450万ドルの州税控除と、州政府からの借り入れ金50万ドルを受けました。さらに同社は、クリーン技術製造の税控除として166万ドルを連邦政府から受け取り、またミルウォーキー市からも補助を受けました。


続きを読む

Kerry Ingredients社

「ジャクソンとスターテバントという立地からは、Kerryにとっても当社のお客様にとっても、付加価値が得られます。優れた人材の供給が受けられること、北米各地のお客様やサプライヤーから遠くない大陸中央部にあること等々です」

アイルランドのトラリーに本拠を置くKerry Groupの1部門であるKerryは、全世界の食品、飲料、製薬業界向けに、風味と栄養価に優れた食品を提供する一流サプライヤーです。ウィスコンシンでの地域本部はベロイトにありますが、州内各地に拠点を置いています。グローバル企業であるKerryは、世界120以上の諸国にある食品メーカーやフードサービス企業の顧客向けに、業界でも最先端の風味と栄養価に優れた食品を生産するためのシステムを各種揃えています。

製造拠点は世界25か国にあり、国際販売オフィスは20か国にあります。そのKerryでは、業界の需要に合わせて業務を強化する方法を探していました。当社は2か所の施設の拡張に投資し、生産の配置を最適化したいと願っていました。1つの施設で調味料事業を、もう1つで乳製品と調理関係の事業を、それぞれ中心にしようという計画です。

ウィスコンシンでの沿革

拡張の候補となる施設を全社規模で評価し、ウィスコンシンのジャクソンとスターテバントの両施設が同社のビジネスのニーズに合うと判断、投資を決めました。Kerryの経営陣は、この2か所には高い付加価値があると感じていました。たとえば、優れた人材供給、北米各地の顧客やサプライヤーから遠くない大陸中央部であること、などです。

理想的な立地

この意思決定のプロセス全体で、同社はWEDCや自治体の役人たちと協力、両施設の拡張を円滑に実施できるよう努めました。最終的にKerryは、ウィスコンシン州の外にあった調味料生産施設をスターテバントに移し、またスパイスの倉庫をイリノイ州から移しその既存の調味拠料生産施設と統合することに決めました。

温かい歓迎

WEDCでは返済免除条件付き融資$300,000を提供、スターテバントの施設拡張を支援しました。この施設では既存の従業員78人を維持しただけではなく、新たに25人の常勤従業員を雇用しました。又ジャクソンの施設の拡張に対しては、WEDCから$597,000の税控除も認めており、それにより既存の従業員125人を維持するだけでなく、さらに常勤従業員60人を雇用できました。

ウィスコンシンでの沿革

拡張の候補となる施設を全社規模で評価し、ウィスコンシンのジャクソンとスターテバントの両施設が同社のビジネスのニーズに合うと判断、投資を決めました。Kerryの経営陣は、この2か所には高い付加価値があると感じていました。たとえば、優れた人材供給、北米各地の顧客やサプライヤーから遠くない大陸中央部であること、などです。

理想的な立地

この意思決定のプロセス全体で、同社はWEDCや自治体の役人たちと協力、両施設の拡張を円滑に実施できるよう努めました。最終的にKerryは、ウィスコンシン州の外にあった調味料生産施設をスターテバントに移し、またスパイスの倉庫をイリノイ州から移しその既存の調味拠料生産施設と統合することに決めました。

温かい歓迎

WEDCでは返済免除条件付き融資$300,000を提供、スターテバントの施設拡張を支援しました。この施設では既存の従業員78人を維持しただけではなく、新たに25人の常勤従業員を雇用しました。又ジャクソンの施設の拡張に対しては、WEDCから$597,000の税控除も認めており、それにより既存の従業員125人を維持するだけでなく、さらに常勤従業員60人を雇用できました。


続きを読む

Agropur Dairy協同組合

「(ウィスコンシンに当社が投資したことから)当社が米国市場でのリーダーシップ獲得に、またウィスコンシンの乳業の未来に、どれだけ真剣に取り組んでいるかが分かるはずです」

ケベックに本社のあるAgropurDairy協同組合の会員は3,400人を超え、2014年の製品売り上げは47億カナダドルを超えました。この協同組合はAgropur Inc.とAgropur MSI, LLCという2つの組織で構成され、アメリカ全土で12か所の工場を操業しています。この協同組合のアメリカの施設では、チーズや食品材料、飲料の加工と生産を行っています。

Agropurでは年間に112億ポンドの牛乳を加工し、豊富な製品ラインを誇っています。そのブランドは有名で、Natrel、Québon、OKA、Farmers、Central Dairies、Island Farms、Agropur Grand Cheddarなどがあります。食品材料のラインには、Keystone Stabilizer SystemsとCornerstone Protein Productsがあります。ベーカリー、飲料、冷菓、チーズ、スポーツ食品、健康管理、治療食品の各分野での新製品や製品改善をサポートする材料を提供しています。

同社の背景

この組合には多くの分野があり、乳製品とそれ以外の両面での応用に従事しています。さらにプライベート・レーベルの顧客向けに、製造一括請負サービス、乾燥粉末処理、包装も行っています。ケベックのロンゲールに本部があり、主な市場はカナダですが、米国、特に中西部にも進出しています。1938年の設立で、カナダの28か所、アメリカ12か所に製造施設を持ち、合計でほぼ 8,000人の従業員がいます。 . アメリカの工場で製造している製品は、世界チーズチャンピオンシップ コンテストや米国チャンピオンシップチーズコンテストで数々の国際的な賞に輝いています。Agropurのフェタチーズは、2014年のワールドチャンピオン フェタ、2013年の米国チャンピオン フェタに選ばれています。

ウィスコンシンでの沿革

Agropur はウィスコンシンに次の4つの工場を持ち、チーズならびにチーズ製品を生産しています。ルクセンブルグ、ラ クロス、リトルシュート、ウェヨーウェガAgropurはルクセンブルグ、リトルシュート、ウェヨーウェガの各工場を2008年、Trega Foods社から取得しました。

温かい歓迎

Agropurはウェヨーウェガ工場を5,500万ドルかけて拡張するプロジェクトを進めており、フェタチーズの生産能力を強化する計画です。この拡張は、コンテストでの賞も受けているAgropur のフェタチーズへの需要の拡大に応えるもので、22人を新たに雇用する見込みです。 Wisconsin Economic Development CorporationではAgropurに、最大で165万ドルの税控除を認め、ウィスコンシンでの業務拡大を支援しています AgropurのCEO、Robert Coallierによれば、Agropurのウィスコンシンでの投資は、「私たちが本気で米国市場でリーダーシップをつかみ、ウィスコンシンの乳業の未来を考えていることの証明です」

同社の背景

この組合には多くの分野があり、乳製品とそれ以外の両面での応用に従事しています。さらにプライベート・レーベルの顧客向けに、製造一括請負サービス、乾燥粉末処理、包装も行っています。ケベックのロンゲールに本部があり、主な市場はカナダですが、米国、特に中西部にも進出しています。1938年の設立で、カナダの28か所、アメリカ12か所に製造施設を持ち、合計でほぼ 8,000人の従業員がいます。 . アメリカの工場で製造している製品は、世界チーズチャンピオンシップ コンテストや米国チャンピオンシップチーズコンテストで数々の国際的な賞に輝いています。Agropurのフェタチーズは、2014年のワールドチャンピオン フェタ、2013年の米国チャンピオン フェタに選ばれています。

ウィスコンシンでの沿革

Agropur はウィスコンシンに次の4つの工場を持ち、チーズならびにチーズ製品を生産しています。ルクセンブルグ、ラ クロス、リトルシュート、ウェヨーウェガAgropurはルクセンブルグ、リトルシュート、ウェヨーウェガの各工場を2008年、Trega Foods社から取得しました。

温かい歓迎

Agropurはウェヨーウェガ工場を5,500万ドルかけて拡張するプロジェクトを進めており、フェタチーズの生産能力を強化する計画です。この拡張は、コンテストでの賞も受けているAgropur のフェタチーズへの需要の拡大に応えるもので、22人を新たに雇用する見込みです。 Wisconsin Economic Development CorporationではAgropurに、最大で165万ドルの税控除を認め、ウィスコンシンでの業務拡大を支援しています AgropurのCEO、Robert Coallierによれば、Agropurのウィスコンシンでの投資は、「私たちが本気で米国市場でリーダーシップをつかみ、ウィスコンシンの乳業の未来を考えていることの証明です」


続きを読む

4Imprint社

「英国に本拠を置くグローバル企業である4imprintでは事業拡大のオプションをいくつか考えていたのですが、ウィスコンシンに投資することにしました。当社の成長戦略に最適の地で、優秀な顧客サービスを継続的に提供することができるからです」

4imprint社は北米では最大の販促物のダイレクトマーケティング事業者で、年商はほぼ4億ドルに達します。同社は、ペンやバッグ、マグカップ、Tシャツ、その他何千もの商品を販売しており、いずれも会社や政府、NPOなどのロゴやプロモーション メッセージを入れられます。

同社は1985年にインディアナ州でNelson Marketingという名称で創設、1988年にウィスコンシンに移りました。1996年、Nelson Marketingをロンドンに本拠のある BemroseGroup社が買収。2000年、Bemroseが社名を4imprintGroup plcに変更、NelsonMarketingも4imprint Inc. に名前が変わりました。英国に本社のある親会社の年間収益は、3億5,000万ドルを超えます。

ウィスコンシンでの沿革

4imprint Inc. はウィスコンシンのオシュコシュに2つの施設を持ちます。北アメリカ本社と流通センターです。およそ650人を雇用しています。同社の顧客は、米国とカナダでは100,000を超えます。小さな教会から学校、フォーチュン 500に名を連ねる大企業まで、多様です。

温かい歓迎

同社は100万ドルの州税控除を受けており、オシュコシュでの1,080万ドルの施設拡張の資金を支ています。この拡張プロジェクトでは流通センターを100,000平方フィート拡大するとともに、オシュコシュ中心部の企業オフィスを25,000平方フィート拡大します。 この流通センターの拡張により、同社は顧客からの需要の拡大に対応し、人気の高い4imprintの無料プロモーション用品サンプルのプログラム、刺しゅう入りアパレル、流通チームのためのスペースも確保できます。今後3年間で4imprintは顧客サービスやマーケティング、マーチャンダイジング、アート、刺しゅう、IT、経理、サポート機能の人員を新たに150人増員する計画です。 「英国に本拠地を置くグローバル企業である4imprintでは事業拡大の選択肢をいくつか考えていたのですが、ウィスコンシンに投資することにしました。当社の成長戦略に最適の地で、優秀な顧客サービスの実施を継続できるからです」と語るのは、CEOのKevin Lyons-Tarrです。

ウィスコンシンでの沿革

4imprint Inc. はウィスコンシンのオシュコシュに2つの施設を持ちます。北アメリカ本社と流通センターです。およそ650人を雇用しています。同社の顧客は、米国とカナダでは100,000を超えます。小さな教会から学校、フォーチュン 500に名を連ねる大企業まで、多様です。

温かい歓迎

同社は100万ドルの州税控除を受けており、オシュコシュでの1,080万ドルの施設拡張の資金を支ています。この拡張プロジェクトでは流通センターを100,000平方フィート拡大するとともに、オシュコシュ中心部の企業オフィスを25,000平方フィート拡大します。 この流通センターの拡張により、同社は顧客からの需要の拡大に対応し、人気の高い4imprintの無料プロモーション用品サンプルのプログラム、刺しゅう入りアパレル、流通チームのためのスペースも確保できます。今後3年間で4imprintは顧客サービスやマーケティング、マーチャンダイジング、アート、刺しゅう、IT、経理、サポート機能の人員を新たに150人増員する計画です。 「英国に本拠地を置くグローバル企業である4imprintでは事業拡大の選択肢をいくつか考えていたのですが、ウィスコンシンに投資することにしました。当社の成長戦略に最適の地で、優秀な顧客サービスの実施を継続できるからです」と語るのは、CEOのKevin Lyons-Tarrです。


続きを読む

Royal Enfield

「オートバイ ライダーに理解が深い市場に参入することで、当社の存在感をさらに急速に固めることができます。ですので、ミルウォーキーは当社の本部にはもってこいの場所です。ミルウォーキーのライダースピリットに、当社ならではのものを刻み込みたいと、考えています」

創立時は本社を英国においていたRoyal Enfieldは1901年から今までオートバイを製造しており、今も生産を続けているオートバイメーカーとしては世界最古のものです。今ではRoyal Enfieldは、インドのニューデリーに本社があるEicher Motors Ltd.の子会社になっています。Royal Enfieldの製造するオートバイはクラシックなスタイルのシンボル的なもので、この5年間、毎年50%もの成長を記録しています。親会社のEicher Groupでは、他にトラックやバスなどの車両も製造しています。

ウィスコンシンでの沿革

2015年、Eicher Groupは北米での事業開始を発表しました。拠点をミルウォーキーに置きました。 同社は同市の第5区に仮のオフィスを置いていますが、第3区に恒久的なオフィスを改築中で、2016年にはそちらに移る予定です。その新オフィスが完成すると、北米での業務、マーケティング、販売、保証、サービス、ディーラー開発、金融の各機能はそのオフィスに移ります。

理想的な立地

「ミルウォーキーはアメリカのモーターサイクリングの中心地です」と、Royal Enfieldノースアメリカの社長 Rod Copesは述べています。「ここにはオートバイ文化が根付いており、これほど深く根付いている都市は、他にはありません。オートバイ ライダーに理解が深い市場に参入することで、当社の存在感をさらに急速に固めることができます。そのため、ミルウォーキーは当社の本部にはもってこいの場所です。ミルウォーキーのライダースピリットに、当社ならではのものを刻み込みたいと、考えています」

温かい歓迎

このオフィスの設置を確実に行えるよう、WisconsinEconomic DevelopmentCorporationでは2017年まで、同社に最大で100,000ドルの州税控除を認めました。控除額は、その期間中に創出された雇用人数に応じて変わります。同社ではミルウォーキー施設で2017年末までに25人を新たに雇用すると予測しています。

ウィスコンシンでの沿革

2015年、Eicher Groupは北米での事業開始を発表しました。拠点をミルウォーキーに置きました。 同社は同市の第5区に仮のオフィスを置いていますが、第3区に恒久的なオフィスを改築中で、2016年にはそちらに移る予定です。その新オフィスが完成すると、北米での業務、マーケティング、販売、保証、サービス、ディーラー開発、金融の各機能はそのオフィスに移ります。

理想的な立地

「ミルウォーキーはアメリカのモーターサイクリングの中心地です」と、Royal Enfieldノースアメリカの社長 Rod Copesは述べています。「ここにはオートバイ文化が根付いており、これほど深く根付いている都市は、他にはありません。オートバイ ライダーに理解が深い市場に参入することで、当社の存在感をさらに急速に固めることができます。そのため、ミルウォーキーは当社の本部にはもってこいの場所です。ミルウォーキーのライダースピリットに、当社ならではのものを刻み込みたいと、考えています」

温かい歓迎

このオフィスの設置を確実に行えるよう、WisconsinEconomic DevelopmentCorporationでは2017年まで、同社に最大で100,000ドルの州税控除を認めました。控除額は、その期間中に創出された雇用人数に応じて変わります。同社ではミルウォーキー施設で2017年末までに25人を新たに雇用すると予測しています。


続きを読む

Saint-Gobain社

「当社の優れた人材と製品、それに加えこの施設はSaintGobain社の全施設の中でも最高の安全記録を有しています。さらにウィスコンシン州政府や自治体からも強いサポート。ですから事業の拡大は、すぐにウィスコンシンに決まりました」

同社の背景Saint-Gobain社はパリに本社を置く多国籍企業で、素材工学に350年以上もの実績と専門技術を有しています。Saint-Gobainは原材料を加工し、最先端の日用品を製造しています。世界でも最大手100社に入るメーカーで、年商は430億ユーロを超え、64か国に194,000人を雇用しています。

Saint-Gobain PerformancePlasticsはSaint-Gobain社の子会社で、革新的素材分野で最先端のポリマー技術を有する企業として知られています。Saint-Gobain PerformancePlasticsも、北米、ヨーロッパ、アジアの16諸国で6,000人を雇用、54か所の業務拠点を有しています。

ウィスコンシンでの沿革

Saint-Gobain PerformancePlasticsがウィスコンシン州ポーテージの土地を取得したのは、Actuant社を買収した2001年のことでした。建物は元靴工場で、その後にActuantが医療業界用のシリコン加工工場に使っていました。 このポーテージの建物は同社のライフサイエンス グループのもので、医療器具のOEM用のシリコンや熱可塑性コンポーネントの受注生産を行っています。この施設は、24時間365日稼働しています。2003、2005、2011年に拡張し、2015年には再度の拡張を発表しています。

理想的な立地

ポーテージでのこの拡張プロジェクトを公表する前に、同社では世界各地の候補地を検討しました。その結果、今回の拡張でSaint-Gobainは新たな雇用を何十人も増やすことになり、既存の300人も維持します。資本投資は1,150万ドルになります。「当社のポーテージ工場には長年の成長の実績があります」そう語るのは、同社の流体システム部門担当バイスプレジデント、Marco Corralesです。「当社の優れた人材と製品、それに加えこの施設はSaintGobain社の全施設の中でも最高の安全記録を有しています。さらにウィスコンシン州政府や自治体からも強いサポート。ですから拡張の候補地は、すぐにウィスコンシンに決まりました」

温かい歓迎

Saint Gobainとの話し合いを持ったのは、2015年4月の州知事の西ヨーロッパ通商団がきっかけでした。As an incentive for Saint-Gobainが当州に留まり拡張するための刺激策として、Wisconsin Economic Development Corporationが今後3年間、同社に$700,000の州税控除を認めています。その条件として、同社は資本投資と雇用の維持・増加に努めます。

ウィスコンシンでの沿革

Saint-Gobain PerformancePlasticsがウィスコンシン州ポーテージの土地を取得したのは、Actuant社を買収した2001年のことでした。建物は元靴工場で、その後にActuantが医療業界用のシリコン加工工場に使っていました。 このポーテージの建物は同社のライフサイエンス グループのもので、医療器具のOEM用のシリコンや熱可塑性コンポーネントの受注生産を行っています。この施設は、24時間365日稼働しています。2003、2005、2011年に拡張し、2015年には再度の拡張を発表しています。

理想的な立地

ポーテージでのこの拡張プロジェクトを公表する前に、同社では世界各地の候補地を検討しました。その結果、今回の拡張でSaint-Gobainは新たな雇用を何十人も増やすことになり、既存の300人も維持します。資本投資は1,150万ドルになります。「当社のポーテージ工場には長年の成長の実績があります」そう語るのは、同社の流体システム部門担当バイスプレジデント、Marco Corralesです。「当社の優れた人材と製品、それに加えこの施設はSaintGobain社の全施設の中でも最高の安全記録を有しています。さらにウィスコンシン州政府や自治体からも強いサポート。ですから拡張の候補地は、すぐにウィスコンシンに決まりました」

温かい歓迎

Saint Gobainとの話し合いを持ったのは、2015年4月の州知事の西ヨーロッパ通商団がきっかけでした。As an incentive for Saint-Gobainが当州に留まり拡張するための刺激策として、Wisconsin Economic Development Corporationが今後3年間、同社に$700,000の州税控除を認めています。その条件として、同社は資本投資と雇用の維持・増加に努めます。


続きを読む

私たちと働きませんか

ご連絡をお待ちしています